豚革の特徴や加工種類について

皆さんは日本で唯一、原材料から加工まで全てを国内で生産している革材料をご存知でしょうか?

弊社で取り扱っている猪革も原材料から加工まで国内生産をしていますが、「世界的に有名な革材料」となると「豚革」が日本で唯一の国産革材料として世界的に取引されているのです。

豚革と聞いてあまり良いイメージが…と感じる方もいらっしゃるかと思いますが、実は皆さんが知らないうちに「豚革」を使用した製品をお使いになられている事をご存知でしょうか?

そこで今回は「豚革」の特徴や多く使われている加工技法について、ご紹介をしていきます。

※これからご紹介する加工方法に関してですが弊社で実施可能な加工となってますので、各団体の皆様に付きましては製品イメージのご参考にして頂ければ幸いで御座います。

※ここでご紹介する加工技法は、あくまで豚革に多く使われている技法であり、他の革材料では実施されていないというものでは御座いません。

 

豚革(Pig skin)

豚革は、表面に3つ星の毛穴が開いている事が特長の革で、ひと昔前までは「他の革材料と比べて価値の低い革」と評価されていました。※主な使用例として「靴の中敷き」や「工業用手袋」など、どちらかというと裏方な使い方が殆どでした。

しかし、「汗に強く、軽くて頑丈」という特徴が近年評価され、 汎用性の高さからバッグや財布などの革小物製品やジャケットの材料として取引がされる事が増えてきております。

併せて、豚革は一般的に日本で唯一「ALL JAPAN MADE」で生産する事が可能な革材料であり、革材料として安定した輸出が出来るものは豚革しか存在しておりません。主に東京都墨田区周辺で生産されており、最近では「ご当地品」としての一面もある、日本人には馴染み深い革材料です。

 

スエード加工(Suede)

スエード加工とは、革の床面(お肉が付いていた内側の面の事)をサンドペーパーなどでやすり掛けを行い、毛羽立たせた加工を施す事を指します。

毛足が短く毛羽立たせているので温かみのある表情を革に付加させる事が出来、豚革特有の毛穴模様を隠す効果が高く汎用性を持たせた革材料に仕上げる事が出来ます。

反面、革の繊維を傷つける加工を施しているので擦り傷やひっかき傷に弱く、起毛部分が汚れやすくなっているのが弱点で、普通のレザーメンテナンスアイテムを使う事が出来ない為、スエード専用のメンテナンスアイテムが必要になるので、管理が難しい革材料となっております。

主にレディースのバッグ類やコートの他、靴関係で使用される事が多い革材料です。

 

アメブタ加工(Glazed pigskin)

アメブタ加工とは、植物タンニン鞣しを施した豚革を染色した後に、グレージング加工※でアメ色に仕上げる加工の事を指します。※グレージング:平滑性と光沢を付与することを目的としており、ローラー等を使用して強い圧力を加えながら革表面を摩擦する作業の事

ひと昔前の製法ですが豚の白革に亜麻仁油を塗布し、表面を石で摩擦して仕上げていたそうです。この加工を行った際に、革自体が綺麗なアメ色をしているためアメブタと呼ばれる様になりました。

アメブタ加工の特徴として、革表面に透明感を与え豚革特有の3つ星状の毛穴をデザインとして強調させた、唯一無二の風合いを施す事が出来る点です。

主に鞄やハンドバッグ/小物革製品などに使用される事が多く、現在ではカーフスキンと同じランクの高級素材として扱われております。

 

豚革の特徴と主な加工方法に関してのご紹介は以上となります。

※何か革に関してリクエストがあればコチラまで宜しくお願い致します。

猪という資源で貴社の商品に大きな付加価値を

ハタブネコンサルティングでは、猪素材を扱った豊富な経験を活かし、
素材の提供から商品開発支援まで幅広いサービスを提供しています。まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら